便秘の原因は食生活

便秘の原因は生活習慣の乱れやストレスなど様々なことが影響していると考えられています。でも、特殊な場合を除いて、その中でも最も大きい原因となっているのが食生活です。なぜなら、食事で体内に入ったものが外に排出されない事で便秘は起きているからです。となると、その食事の内容はとても重要だという事が理解できると思います。

便秘になってしまう仕組みは、腸に消化しきれなかったものや体外に排出せずに残ったものが残ってしまうからです。それが体内にどんどん溜まっていき、お腹にハリなどが出て便秘になってしまいます。ですから、便秘予防の対策としては、まず消化しにくいものを出来るだけ食べないようにする事が大切です。

具体的に消化しにくいものとは何かと言うと、肉類、そしてファーストフードやレトルト食品などのこってりしたものです。これらは消化しにくいので、腸内に残り続けてしまいます。すると、便秘の原因となってしまうのです。

そしてもう1つ、3食きちんと適度な量の食事をとる事です。3食とることで、腸の働きが活発になります。適度な量と言うのは、多すぎても少なすぎても便秘につながります。多すぎると消化しきれなくなります。また、少ないと腸の動きが悪くなり蠕動運動しなくなるので便が排出されにくくなってしまいます。ということで、3食適度な量はとても大切な事なのです。このように食事はダイレクトに便秘に影響を与えます。便秘を解消するには、まず食生活をきちんと見直していく事が一番の近道なのです。